量を減らして対処する|副作用に気をつけて使え!育毛成分ミノキシジルの話

量を減らして対処する

白衣の男性

ミノキシジルの副作用は、人によっては健康を損なうようなものに発展してしまうことがある。
副作用の仕組みについて説明した「効果と副作用」という文章にも書いたことだけれど、ミノキシジルは心臓に負担をかける。
人によってはこれが命取りとは言えないまでも、体長を頻繁に崩すような状況に陥らせてしまったりする。「風邪薬を飲んだら眠くなる」というレベルではない、ちょっとシャレにならないレベルにまで健康を害してしまうこともあるのだ。
こういうとき、僕たちはどうすべきか?倒れるまでガマンしてミノキシジルを摂取すべきなのか?
もちろんそうではない。副作用に対処するためにまず考えるべきことはミノキシジルの摂取量を減らすこと。
あるいは思いきってすっぱりミノキシジルを含む育毛剤を使うのをやめにすることだ。病院で診てもらえば、どうすべきか教えてもらうことができるだろう。

ミノキシジルを含む育毛剤は、ドラッグストアで買える塗り薬とか、通販で買える錠剤とか、さまざまなタイプの物がある。
しかしいずれにしても、医師の指導がない中で購入し、使うことになる育毛剤だ。
しかも、ミノキシジルは育毛剤を使ったその日からいきなり劇的な効果が出る、という種類の成分ではない。継続して育毛剤を使い続けて、数ヶ月後に結果が出るというタイプの成分なのだ。
薄毛になって焦り、しかもなかなか結果が出ないのでさらに焦り、ついつい自分の判断でたくさん使ってしまい、そのことが原因で副作用が出てしまうというケースもある。
というわけで、「ミノキシジルの摂取量を減らす」という対処方法が考えられるのである。