植物成分の育毛剤|副作用に気をつけて使え!育毛成分ミノキシジルの話

植物成分の育毛剤

口をおさえる男性

「ミノキシジルの育毛剤は副作用が出る、量を減らしても出る、おそらく自分の体には合わないのだろう」
と、そのような判断のもとで泣く泣く育毛剤をしまいこみ、ミノキシジルとお別れをすることにした……と、そのような人もいると思う。
賢明な判断だといえるだろう。
ミノキシジルは確かに画期的な育毛成分であり、ミノキシジル配合の育毛剤は現在まで世界中の、多くの薄毛に悩む男性に光明をもたらしてきた。
しかしやはり、人によっては副作用が出やすくて薄毛が治るどころか体を壊してしまいかねない、というばあいもあるのだ。

しかし、じゃあミノキシジルが合わない、副作用が出やすいという人は薄毛治療をあきらめるしかないのだろうか?
いや、そんなことはない。ほかにもさまざまな方法がある。ミノキシジルと同じく血行促進の効果を持ち、なおかつ副作用が出にくいという育毛成分も存在する。たとえば、漢方の植物由来の成分を使った育毛剤などは、ミノキシジルの育毛剤が合わなかった人におすすめである。
たとえば古来、万能の薬効成分を含む植物としてさまざまな漢方薬の主成分となっていた朝鮮人参のニンジンエキスなどは、植物由来の育毛成分として信頼していいヤツのひとつである。ニンジンエキスに含まれるサポニンという成分が血行を促進させる。ただしサポニンはミノキシジルにもましてゆっくりじっくりと時間をかけて効いていく成分なので、その点は覚えておく必要があるだろう。